スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 スポンサー広告 top↑
色んなこと
2010-11-23 Tue 17:03
mixiで友人にだけ報告しましたが、母親が交通事故で亡くなりました。

普通の亡くなり方ではありませんでした。

救急搬送された病院では2.3週間で退院できるといわれていたのに
病院側の怠慢で放置され検査を後回しにされて入院2日目の夜急に1人で逝ってしまいました。

主治医が死後の説明もヘラヘラ笑いながら酒の臭いをさせながらでした。
父と私で怒鳴りつけ謝罪されましたが、奴の事は呪い殺してやろうと思います。

でも結局死亡原因不明と書かれ、
交通事故後48時間以内に亡くなったため警察が入り死亡解剖をせざるをえませんでした。


死んでからも身体を切り刻まれるなんて可哀想で可哀想で・・・

母が何をした!!!!!なんでこんな酷い目にあわせるんだ!!!

と、本当に神様を恨みましたが

事故の後の2日間母とたくさん話もできた事、
実家の車が廃車になって私が自分の車を運転することで父を病院に連れて行ってくれと頼まれたこと。
面会時間が過ぎてしまったので帰るときに、お父さんの事頼むねと母の最後の言葉をきけたこと。

なんだか母は自分がこうなることをわかっていたんじゃないのかと最近思えるようになってきました。
これからまだまだ保険会社や警察とのやりとり、現場検証などやることはたくさんありますが
母の「お父さんの事頼むね」の言葉を胸に頑張っていこうと思います。

四十九日が私の引越しの日と重なっていたため、先日家族だけでお坊さんを呼び法要を済ませました。
父が法要が終わって「肩の荷が少し下りた」と言っていたので私も安心できました。
そのせいかその日の夜は「豆ちゃん、頑張ったね」って、お母さんに褒められた気がします。
医者に対しての後悔はありますが、不思議にそれ以外に後悔は全くないんです。
だからきっとお母さんが後悔してないからだろうなーなんて思ったり。
寂しいけど悲しくない。
会えなくなっちゃったけど母をいつも近くに感じるんですよ。


ちなみにあと少しで引越しです。
家の中はダンボールの山です。
借金も山です。

でも母が天国から見守ってくれてるので私は頑張ります。
母に恥ずかしくないような、心配されないような人生をこれから歩んでいこうと思います。

最後に、
タブーと言われてますが、両親と死の話はしておかなくちゃけないと思いました。
遺影はどれにしてほしいのか。
誰に連絡をすればいいのか。
誰に来て欲しくないのか。

特に一緒に住んでいないと分からない事がたくさんあります。
人間、いつどうなるかなんてわかりません。
お互いの為にも色々話し合っておいたほうがいいです。

父にも今後の宿題として上記の事を伝えました。
友達も今年中の宿題として両親に出したそうです。

気持ちのよい最期をむかえる。
私もいつ死んでも大丈夫なように豆夫には色々伝えてあります。
残された人に苦労をかけないように、亡くなった人が後悔をしないようにしてほしい。
今回の母の死で学んだ事です。

どうか皆様も後悔のないようご両親を大切になさってください。

スポンサーサイト
別窓 日記 top↑
 豆ちゃんねる(・∀・) 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。